トップ < 番組審議会議事録
第143回 番組審議会議事録
開催年月日 令和3年11月16日(火) 午後1時30分〜3時
開催場所 毎日江ビル5階会議室(静岡市葵区七間町8-20)
出席委員数 3名
議題

高富淳蕗心吟詠の世界
令和3年10月3日(日)6:00〜6:30 放送

審議内容

事務局より前回の審議会以後の特別編成ならびに小社の活動を説明しました。番組趣旨説明のあと番組試聴に移りその後合評を行ないました。主な発言内容は以下の通りです。

○語り口が丁寧、立体的に感じる。近くに先生がいるように感じる。
○説明が詳しくなり過ぎないのが良い。放送時間帯でターゲットが見える。
○言葉に関心を持って聴ける世代に向けていると理解できる。
○地方のFM局で取り上げるのが良い。一定数のコアなリスナーが付くと思う
○節の面白さが出る仕掛けなどがあると良い。
○日常会話の中に詩吟を生かすとしたら、どうするか、などがあると良い。
○分からない人に向けて分かりやすく説明されている。
〇文化の継承のための番組として良い。

第142回 番組審議会議事録
議題

静岡 希望の光 安倍川花火
令和3年7月31日(土)17:00〜18:13 放送

審議内容

事務局より前回の審議会以後の特別編成ならびに小社の活動を説明しました。番組趣旨説明のあと番組試聴に移りその後合評を行ないました。主な発言内容は以下の通りです。

○様々なゲストの皆さんがそれぞれの思いを語られるという事でバランスが良かった。
○花火大会の運営そのものを裏で支えている人々の取材や、バックヤードの状況を解説するとか、スポンサー企業の獲得秘話あれこれ … などといった、ちょっと違った側面からの企画をちりばめても面白いと思う。
○ゲストの語りの後で「過去の会場アナウンス」のプレイバックがあり、実感とともに懐かしさが増した。
〇見えてはいないスターマイン花火の映像も浮かぶような演出だった。
〇枕言葉をいれるとイメージがわきやすい。
○歴史文化的な視点を重視したテーマに・構成に知的好奇心がそそられる内容だった。世代を超えた安倍川花火への想いが、各所でしっかりと語られており、○悪霊・悪疫退散の祈りは、現在のCOVID-19とつながる。「今の私たちの課題や願い」に関連させたメッセージを加えてもらいたかった。

第141回 番組審議会議事録
開催年月日 令和3年7月20日(火) 午後1時30分〜3時
開催場所 毎日江ビル5階会議室(静岡市葵区七間町8-20)
出席委員数 4名
議題

しずおかライフマガジンCha!Cha!サタデー
令和3年7月10日(土)11:00〜13:00 放送

審議内容

事務局より前回の審議会以後の特別編成ならびに小社の活動を説明しました。番組趣旨説明のあと番組試聴に移りその後合評を行ないました。主な発言内容は以下の通りです。

○ターゲット層が見えない。
○アシスタントの立ち位置を明確にした方がいい。
○パーソナリティの声がいい、安定して聴くことができる。
○タイムリーな水害情報を入れていたのが良かった。
それに関連した情報は何度入れても良いと思う。
○ディレクターの音楽セレクトがよい。全体を通して、当日のメッセージテーマの話題がパラパラ入っているのがよい。

第140回 番組審議会議事録
開催年月日 令和3年5月18日(火) 午後1時30分〜3時
開催場所 毎日江ビル5階会議室(静岡市葵区七間町8-20)
出席委員数 4名
議題

ニューノーマル・静岡創生
令和3年3月28日(日)10:00〜11:30 放送

審議内容

事務局より前回の審議会以後の特別編成ならびに小社の活動を説明しました。番組趣旨説明のあと番組試聴に移りその後合評を行ないました。主な発言内容は以下の通りです。

○トークBGMを外しているのが良い、会話に集中できる。
○日頃聴きなれない言葉を消化させる方法は課題。難しい言葉が入って来ると、その言葉を初めて聞いた人はそこで突っかかってしまう。
○静岡市に根付いている事柄を例に出して、比較しても良かったと思う。
○活動の可視化がされていて良かった。
○毎年年度末になると、静岡市の問題や課題を取り上げ放送しているが、会社の姿勢が見えるので良い。
○集中しないと入って来ない内容なので、一般リスナーが聴くことを考えるとどうかという部分は気になった。

第139回 番組審議会議事録
開催年月日 令和3年3月16日(火) 午後1時30分〜3時
開催場所 毎日江ビル5階会議室(静岡市葵区七間町8-20)
出席委員数 6名
議題

第4回高校生ラジオDJコンテスト
令和3年2月7日(日)10:00〜11:00 放送

審議内容

事務局より前回の審議会以後の特別編成ならびに小社の活動を説明しました。番組趣旨説明のあと番組試聴に移りその後合評を行ないました。主な発言内容は以下の通りです。

○リスナーに向けてどのようなポイントに注目して聴いて欲しい、というコメントが必要。
○審査員の選定は良い、放送関係者ではない審査員を一人入れてみてはどうか
○審査の基準や番組コンセプトなどを入れて欲しい
○審査員からの個別の評価も聴きたい
○高校によってカラーが出ている。締め部分の審査員のコメントが長かった。

第138回 番組審議会議事録
開催年月日 令和3年1月19日(火) 午後1時30分〜3時
開催場所 毎日江ビル5階会議室(静岡市葵区七間町8-20)
出席委員数 4名
議題

昭和の名曲・ミュージックトリップ 年末スペシャル2020
令和2年12月26日(土)16:00〜17:30 放送

審議内容

事務局より前回の審議会以後の特別編成ならびに小社の活動を説明しました。番組趣旨説明のあと番組試聴に移りその後合評を行ないました。主な発言内容は以下の通りです。

○オープニングのBGMがいい、番組への期待感が高まる。
○パーソナリティの声がとてもいい。
○インタビューはエピソードが入っていて良い。
○リマスタリングではなく、オリジナル音源を使用しているところが良い。
○年末らしいプログラム。世代の異なる二人のパーソナリティが構成上、プラスに働いている。
○コロナ禍の中、希望を持てる楽しい番組でテーマも良い。他のシーズンに放送しても面白い。